本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



小児医療福祉施設

スタッフ紹介

親子入園では、子どもの全体的な発達を促すため、専門スタッフが一つのチームとなって援助・指導を行っていきます。一般の医療機関では聞きなれないかなと思われるスタッフの仕事内容とスタッフからのメッセージをご紹介します。


医師専門スタッフのチームリーダーです。
看護師子育ての悩みを1人で抱え込んでいませんか?
子育ては大変だけど、楽しいこともうれしいこともたくさんあります。私たちは、お子さんの健康状態の観察を行い、また、お母様の心配ごとを少しでも解消し、家庭での生活が送れるようにサポートしています。
入園中はお母様やお子さまの一番近くにおりますので、どんな事でもご相談ください。
理学療法科(PT)お子さんの姿勢や体の使い方など発達の視点から具体的な関わり方をお伝えしていきます。
作業療法科(OT)『食べることは本能』なんて思っていませんか?
実は、体に支えられた腕・手、そして口のコントロールと目―手の協調性が必要ですし、口の中が過敏でもダメです。こんな時は私たちの出番です。
言語聴覚科(ST)ことばの発達の基本づくりのために、聞こえの検査やお口の動かし方・食べ方などを見ていきます。
心理発達(PsT)発達検査を通して、遊びの工夫など必要な関わり方についてお話したり、お母さん同士の気持ちの交流の機会をつくったり、家族が一緒に楽しく生活できることも目指します。
視能矯正(ORT)目から正しい情報が入るように、視力や眼の位置を検査し両眼で見る機能を促します。
保育士子どもは泣いたり笑ったりします。
でも、泣く・笑う・眠る・食べるができないお子さんもいます。そんなことを大切に受け止められるように、またお母さんが心から楽しく子育てできるようにお手伝いをします。
指導員
(ケースワーカー)
お子さんを育てていくうえでの生活上お困りのことについて、親子入園後の生活を見据えて、福祉の制度等を活用しながらお母さんたちと一緒に考えていきます。

Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.