本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > ご利用案内  > 痙縮に対するボツリヌス療法について

ご利用案内

痙縮に対するボツリヌス療法について

痙縮に対するボツリヌス療法のご説明をご紹介します。


痙縮とは

痙縮は脳卒中、脊髄損傷、神経疾患によって生じる運動機能障害のひとつで、筋肉が緊張しすぎて手や足の動きが硬くなったり、勝手に動いてしまう状態のことです。手の指が握りこまれて開こうとしても開きにくい、肘が曲がって伸びない、足が伸びきって曲がらないなどの症状がみられます。

痙縮に対するボツリヌス療法とは

この痙縮を改善する治療の一つとしてボツリヌス療法があります。ボツリヌス療法として保険診療で認められている薬にはボトックス注射液があります。この薬はA型ボツリヌストキシンという天然のタンパク質を有効成分とする薬です。このタンパク質のごく少量を緊張している筋肉に直接注射するとその筋肉がゆるみ、緊張やけいれんを改善することができます。

治療と効果

この薬の効果は注射後2-3日から2週間で現れ、通常3〜4ヶ月持続します。その後時間が経つにつれて徐々に効果が消失し、神経の働きが回復してくるため、注射前の状態が再び現れてきます。この場合、ボトックスを再投与することで同様の効果が現れます。

副作用について

副作用として報告されている事象の多くは、薬の効果が予想以上に強く表れたことによるものですので、薬の効果が弱まるとともに副作用は消失します。注射部位や筋肉の痛みをしばらく訴える人がまれにいます。
痙縮に対するボツリヌス治療は、リハビリテーション科医が「ボトックス外来」として毎週月曜日の午後に行っています。

痙縮に対するボツリヌス治療についてご相談のある方は、医療相談室に相談の上でリハビリテーション科医師の外来を受診して下さい。医師による診察と説明を受け、治療の適応があると判断した場合には、ボツリヌス治療の予約をお取りします。

Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.