本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




ご利用案内

切断

切断について

切断は大きく、上肢切断・下肢切断に分類されます。上肢切断の患者さんは装飾用の義手を使用することが多く、外来で対応可能であることが一般的です。入院リハビリテーションを要する患者さんの大多数は下肢切断ですので、以下、それについて述べさせて頂きます。

機能の予後は切断の部位・断端の性状・切断の原因(外傷・阻血・感染など)・並存疾患の有無(糖尿病・心疾患など)などによって大きく異なり、一概に述べることは困難です。入院時診察に医師のほか、当センター補装具製作施設の義肢装具士が立ち会い、義足の形式・機能予後について大まかな話し合いを行います。また、採血・レントゲン・心電図などの検査も行い、並存疾患のコントロールに留意します。

義肢作製・リハビリテーション

切断後、最初に作る義足を仮義足と言います。断端皮膚の状態が良好であることを確認した上で採型を行い、完成までに約2週間程度かかることが普通です。理学療法・作業療法は入院翌日より開始し、仮義足完成までの間にも関節可動域訓練・筋力増強訓練・片足での歩行/ADL訓練などを行います。完成後は義足の着脱訓練・装着した上での歩行/ADL訓練などを行い、それに並行して義足パーツの調整を繰り返します。

義足歩行訓練を開始後、断端にソケットの圧迫による痛みや傷ができることがあります。ソケットの形状・形式の変更によって対応しますが、それによっても問題が解決しない場合には、断端の再形成術が必要になる場合があります。無いはずの足が痛む、いわゆる幻肢痛に対しては、各種の薬剤にて対応します。

退院時・退院後の支援

切断患者さんの当センターでの入院期間はおよそ3カ月程度です。原則として月に1回、患者さん・ご家族と面談を行い、リハビリテーションの進捗状況についてご説明・確認の上、退院予定日について話し合いの上、決定させて頂きます。段差解消・手すり設置などの家屋改修が必要と思われる患者さんに関しては、ご希望があれば、当センタースタッフによる家屋訪問を行わせて頂いております。また患者さんによっては、遠方外出用の車椅子が必要となる場合がありますので、その作製も合わせて行います。

退院後の医学的管理に関しては、原則として各在住地域の医療機関にお願いすることとなります。スムーズな移行が可能となるよう、連携を密に取って参ります。断端・義足の問題に関しては、引き続き、当センター外来・補装具製作施設にて対応を致します。断端は経過とともに徐々に縮小し、ソケットは緩くなってくるのが一般的です。仮義足作製からおよそ1年後に義足の再作製(本義足と言います)を行います。

切断後の各種問題に対するお問い合わせ

そのほか、切断後の問題でお困りのことがございましたら、相談室までお気軽にお電話下さい。
ご相談に応じさせて頂きます。

センターの利用を希望されるみなさまへ

当センターに入院リハビリテーションを希望の患者さん・ご家族はまず、急性期病院の主治医に、所定の診療情報提供書の記入・ファックス送付を依頼していただく必要があります。
当センターにて診療情報提供書を検討のうえ、入院の適否の判断をさせていただきますが、場合によっては、外来受診をお願いする場合もあります。

【ご利用に際するお問い合わせ 】
電話:043-291-1831 (内線226)/担当:相談室
メールでのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」に、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.