本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 部局紹介  > 看護局  > 看護局長挨拶

部局紹介

看護局長挨拶


リハビリテーション看護

看護局長
池畑 久美子

 千葉県千葉リハビリテーションセンターは「誰もが街でくらすために」を理念とし、小児から高齢者までのさまざまな発達段階にある障害者に、外来・入院による包括的なリハビリテーションを提供しています。

<地域リハビリテーションの中核的センター機能>
 千葉市の郊外に位置し、成人を対象とする回復期リハビリテーション病棟50床、一般病棟33床と障害者病棟27床、医療型障害児入所施設「愛育園」4棟132床の計242床を有します。
 回復期リハビリテーション病棟は県内他施設と比較して若年からの重症・社会的リスクの高い方を多く受入れ、障害者病棟では主に県内発生の4~5割程度の脊髄損傷患者を受入れています。一般病棟では重度関節リウマチや変形性関節症の方の人工関節置換術周手術期のリハビリテーション、脳血管障害の方などを受入れています。
 医療型障害児入所施設「愛育園」は、従来の肢体不自由児施設と重症心身障害児施設(重心施設)をH24年度改編し、児童福祉法に基づく医療型障害児入所施設と自立支援法に基づく療養介護施設の2つの機能を有し、集中した訓練・療育や長期入園児への生活支援、短期入所などによる在宅支援を行っています。また、総合療育センターとして、療育支援事業による地域の保育所への指導、療育相談、通園事業などを行っています。
 県のリハビリテーション拠点としての教育機能も重要な役割です。延2,000人以上の実習生・研修生を受入れ(H24年度実績)、センター内で様々な研修会等を実施したり、県内各施設等へ職員派遣なども行っています。

<看護局の理念・特徴・教育>
 看護局はセンターの理念を受け、利用者の権利を尊重し安心できる療養環境を提供すること、主体性を尊重し自己決定を支援すること、一人ひとりのQOL向上を目指し心のこもった看護に努めることを基本方針としています。
 「身体抑制をなくすための基準」のもとに、ミトン、ベルトや高柵ベッドによる抑制を解除してきました。また、固定チームナーシングを導入し、多職種と一緒に退院前・後の家屋訪問などを実践し継続的に支援する中で、看護師はよりやりがいを感じています。
 教育については、専任の教育担当副看護部長をおき、新卒・既卒に限らず、全ての新採用職員にプリセプターシップによりオーダーメイドの適応支援・キャリア開発支援を行っております。ポートフォリオ、入職1年間のスケジュールパスや技術チェックリストを用いて、一人ひとりのやりたい看護が実現できるように、また、なりたい看護師に近づけるよう、プリセプターのみならず、固定チーム、臨床指導者や管理者がタッグを組んで支援します。
 また、仕事をしながら学び続ける人を支援しています。就学部分休業制度や大学院通院助成制度を活用して大学院に通学する人もいたり、専門看護師・認定看護師の資格取得を推進しており、小児看護専門看護師、老人看護専門看護師、摂食・嚥下障害看護認定看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師などが誕生しています。

<多職種と一緒にリハビリテーションを学ぶ場>
 リハビリテーションの現場では多職種で関わり連携しながらも、葛藤や対立を感じることが多くあります。激変する内外の環境変化に適応し、利用者の多様なニーズに応える柔軟で強いチームを創るには、一緒に学ぶ姿勢が重要です。H22年度に人材育成部が立ち上がり、特に、チームの結節点にある管理者のコミュニケーションや管理実務能力の担保、新人からの多職種連携教育に力を入れ、これからのセンターの基盤づくりを進めています。

<充実した福利厚生>
 職員住宅や独身住宅などはもちろん、職場保育所は夜間保育も行っています。

<リハビリテーション看護に触れる!>
 充実したインターンシップもご用意しております。どうぞお気軽にご参加ください。
http://www.chiba-reha.jp/section/nurse/intern/index.html

リハビリテーション看護

 
 
 
  
固定チームナーシングのカンファレンス

リハビリテーション看護

 
  
 
 
多職種合同新任研修

Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.