本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 部局紹介  > 看護局  > 専門・認定看護師の取り組み

部局紹介

専門・認定看護師の取り組み


高齢者とご家族の笑顔が輝くために

老人看護専門看護師 江尻友理子

 「ご高齢の方が健康障害・機能障害を抱えつつも、その人が出来るだけ長く健康な生活を送るにはどのような支援が必要なのか?」をテーマに活動しています。
 私はある高齢な難病の患者さんとの出会いを通して「患者さんの為に何もできなかった」という思いから、“高齢者に対する看護をもっと学ばなければ”と思い、専門看護師を目指しました。2012年度に老人看護専門看護師の認定を受けましたが、一看護師として、日々患者さん、スタッフと悩みながら、「共に歩んでいくこと」を心掛けて実践しています。また、スタッフが固定チームナーシングでより充実した患者ケアができるように、多職種と連携してよりきめ細やかで切れ目のない支援ができるように、実践・調整・倫理調整・相談など専門看護師の6つの役割を意識しながら活動しています。スタッフ教育にも力を入れ、専門看護師認定を通して学んだ知識や技術、楽しさを伝え、キャリアアップ支援にも力を入れています。

より健康で生活できるように多職と一緒に支援します!

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 越野明子

 回復期リハビリテーション病棟において、さまざまな病気やけがで入院してくる患者さんが回復していく様子をみてやりがいを感じていました。リハビリテーションチームの中で、看護師が最も多くの時間を患者さんやご家族と過ごし、体と心の変化をより多く捉えられることから、チームの調整役として支援できることを学んできました。この役割を担っていくには、さらに知識を増やし、実践を重ねて調整力をつける必要があると考えるようになり、認定看護師の資格を取得しました。
 脳卒中や頭部外傷、神経疾患を発症した患者さんを対象に、損傷した脳や神経の部位に応じて起きている症状や障害,また今後起こりうることを説明し、環境の調整や観察すべき点を指導して再発予防を中心にスタッフへの指導と実践、ご本人とそのご家族へアドバイスしています。そしてリハビリテーションチームのメンバーとして、看護の視点で他職種者へ情報を発信し協働することを支援しています。
 今後も、リハビリテ―ション施設の脳卒中リハビリテーション看護がより充実し、後進の育成も考えながら利用者の方々のお役に立てるように活動していきたいと思っています。

「食べたい」「食べて欲しい」気持ちを大切に

摂食・嚥下障害看護認定看護師 津島久美

 現在、小児の2C・親子棟で勤務しています。病棟では、子どもたちの摂食・嚥下機能・栄養に関して相談を受けています。また、食べることの大切さを伝えながら機能の向上や維持を目指してスタッフを支援したり、私自身勉強させてもらったりしています。その他に、月に1~2日摂食看護相談外来を行い、食べることに困っているご家族や子どもたちの相談も受けています。当センターでは、食べることに対してたくさんの職種が関わっていますので、協力しながら進めています。
 「食べたい」子どもたちや「食べて欲しい」ご家族がとても多いにもかかわらず、自分に専門知識がなく何もできなかったことがきっかけで、もっと勉強しようと思いました。看護局や病棟スタッフ、家族の励ましで何とか資格をとることができたと思います。今後は、後に続く後輩の資格取得を応援・支援し、仲間を増やしていこうと思っています。そして、何よりこれからも子どもたちやご家族の笑顔が続くよう努力していきたいと思います。

Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.