本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 部局紹介  > 看護局  > 各部署の特徴

部局紹介

各部署の特徴

1BC棟(60床)医療型障害児入所施設(愛育園)


重症心身障害児者(主に18歳以上)の医療・福祉・教育を総合的に保障し、
健康管理や日常生活の援助を行っています。人工呼吸器装着などの医療
ケアを常時必要とする患者さんに対し、健康の維持と生活の質のバランス
を考えた生活支援を行っています。可能な限り年齢にふさわしい生活が送
れるように福祉職と協働し援助しています。また、重症心身障害児者の在
宅生活を支援するために短期入所事業を行っています。

2B棟(32床)医療型障害児入所施設(愛育園)


整形外科的治療や高次脳機能障害への訓練目的で入園してくる障害のあ
るお子さんに対して、健康管理や基本的生活習慣の確立に向けた援助、
家族支援を行っています。「夏季療育入園」プログラムでは、思春期を
迎えたお子さんが、自己の障害を見つめなおす機会として、セルフケア
の獲得・問題解決能力や自己コントロールの方法を身につけられるよう
に援助しています。また、様々な理由で在宅生活が困難な障害児の短期
入園も受け入れています。

親子棟(7床)医療型障害児入所施設(愛育園)


発達に何らかの遅れのある乳幼児期のお子さんとそのご家族(養育者)
に、専門職チームにより発達・育児支援を行っています。看護師は、ご
家族(養育者)とお子さんの生活全般を観察し、お子さんの健康管理、
ご家族(養育者)の育児ストレスや家族機能の評価を行っています。
その中で、ご家族(養育者)とパートナーシップを築き、地域の社会資
源との連携を図り、在宅でのよりよい生活に向けて支援しています。

2C棟(33床)医療型障害児入所施設(愛育園)


脳性まひなどによる障害児(主に18歳以下)の医療・福祉・教育を総合
的に保障し、日常生活の援助を行っています。そのお子さんなりの成長
・発達段階を見据えた援助ができるよう福祉職と協働し、専門性を発揮
しながら支援しています。また、重症心身障害児の在宅生活を支援する
ために短期入所事業を行っています。

2A棟(33床)リハビリテーション医療施設(一般病棟)


リウマチ性疾患および変形性関節症の整形外科的手術を受ける患者さん
に対して健康管理指導・生活環境の調整・QOL向上に向けて援助してい
ます。また、脳血管障害、事故等による障害をもつ成人の患者さんに対
して治療・訓練を継続し生活の再構築を支援しています。

3AB棟(50床)リハビリテーション医療施設(回復期リハビリテーション病棟)


脳血管障害など成人の障害のある患者さんに対して、家庭復帰や社会
復帰に向けてリハビリテーションチームで支援しています。残された
機能を最大限に活かして「自分らしく生きる」ということを患者さん・
ご家族と共に考えながら心身の状態を整え、セルフケア確立への援助
を、他職種と協働して行っています。

3C棟(27床)リハビリテーション医療施設(障害者病棟)


主に脊髄損傷患者を対象としており、障害を受け止めて生活の再構築に
向かう患者さん・ご家族の思いに寄り添い、その人らしい生活ができる
ように、患者さん・ご家族と一緒に考え、医療ケアなど専門的な介護指
導やセルフケア能力向上に向けた支援をしています。さらに、多職種と
連携による、退院前及び退院後訪問を実施して、在宅(地域)や社会復
帰を支援しています。  

外来


  • 外来では、利用する患者さんやご家族が安心して在宅生活が送れるように援助しています。
  • リハビリテーション科では、生活の質を保ちながら在宅での生活が送れるように支援しています。
  • 整形外科では安心して手術を受けられるように、病棟と連携したり、看護相談などを通して援助しています。
  • 小児神経科では、地域のこどもルームや施設などを利用し生活できるよう支援しています。
  • 小児整形外科では手術や補装具・移動具でご本人、ご家族の生活が拡大できるように支援しています。

手術・中央材料室


手術室では、人工関節形成術、脳性まひなどお子さんの軟部組織の手術、
障害のあるお子さんや成人の全身麻酔による歯科治療、泌尿器科の手術
などを行います。患者さんの手術が安全にかつ精神的な不安を最小限に
できるよう援助しています。

Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.