本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 部局紹介  > 栄養部

部局紹介

栄養部

栄養部のご紹介です。


当センターは、福祉施設とリハビリテーション医療施設をあわせもった複合施設として、幼児から高齢者に至る障害のある方々の年齢や病状、さらに残存機能に適した食事を医師の指示に基づいて提供しています。
食事の指導・相談は、予約制でおこなっています。

給食サービス

1.食事への取り組みについて

四季折々の旬の食材を生かした家庭的なメニューを心がけています。冷凍野菜は極力使用せず旬の新鮮な野菜を取り入れ、可能な限り手作りで料理をするよう心がけており、コロッケ、ロールキャベツ、サンドイッチなども当センターの厨房で一つひとつ作っています。

2.食事の種類について

幼児前期・幼児後期・学童前期・学童後期・成人の5つの年齢区分に分けて献立を作成しています。普通食から減塩食とし、糖尿、肥満、高血圧、アレルギーなどの治療が必要とされる方にはその症状に適した食事を提供しています。

3.摂食・嚥下障害のある方の食事について

摂食・嚥下障害のある方の食事では、患者さんの状態に応じた食事を提供しています。
主食では、普通のご飯や軟飯、全粥、分粥のほかにつぶし粥、ペースト粥など提供しています。副食形態も一口大にきざんだ食事や細かくきざんだ食事、極小にきざんだ食事、ペースト状にした食事など個々に対応しています。

やわらか食への取り組みについて
口腔や摂食・嚥下機能に障害や問題がある方に対する、ムース食、ソフト食などやわらか食のニーズが高まっています。患者さんの摂食・嚥下機能に、より即した食事を提供するため「食形態改善プロジェクト」を立ち上げ、医師、歯科衛生師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士などが集まり当センターで提供する食事の形態や食種などについて検討をしたり、ムース食、ソフト食の試作試食など、導入を目指して現在取り組んでいます。

栄養指導

1.個別栄養指導について

外来・入院患者さん、入所利用者さんの食事療法や食事内容についてのご相談を医師の指示に基づいた内容で、予約制にて行っています。内容で多いのは糖尿病や肥満、高血圧、脂質異常症、ミキサー食やきざみ食のつくり方、体重増加不良の児の食事相談などです。

2.集団栄養指導について

親子入園やリウマチ教育短期入院、更生園の健康教室などそれぞれのニーズや特性に合わせた内容で定期的に行っています。

栄養ケアについて

入院時のスクリーニングやアセスメントを管理栄養士だけでなく看護師、臨床検査技師、薬剤師など多職種と協働で行い、患者さんの栄養状態の改善に努めています。
また、NST(栄養サポートチーム)の委員会では医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、管理栄養士、事務局からメンバーが集まり、低栄養や食欲不振、成長発達等で問題がある患者さんに対する検討、報告を行っています。

退院に向けて

退院に向けて食事のことで心配なこと、または退院後に困ったことなどありましたらご気軽にご相談ください。

Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.