本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




部局紹介

視能矯正科

視能訓練士が眼科一般検査、斜視や弱視の検査、訓練、ロービジョンケアを行っています。






眼科一般検査

遠視、近視、乱視など屈折異常に関する検査、眼疾患に関する検査、眼鏡の処方に関する検査等を行います。具体的には以下の検査を行っています。

視力検査、屈折検査、調節検査、視野検査(動的・静的)、色覚検査、眼底写真撮影など

視力検査は通常のランドルト環(C字型の視標)を用いた検査の他、乳幼児など通常の検査が難しい場合はテラーアキュイティーカードを用いた縞視力の検査を行っています。

ランドルト環を用いた視力検査

テラーアキュイティーカード

屈折検査

眼底写真撮影

視野検査(動的) 

斜視や弱視の検査、訓練

斜視、弱視の患者さんが正常な視機能を獲得するよう検査や訓練を行っています。特に乳幼児や小児の患者さんの場合、早期発見・早期治療が重要です。乳児の患者さんでも必要に応じて点眼薬を用いての精密屈折検査、眼科医による眼鏡処方を行う等、早期発見・早期治療を心掛けています。具体的には以下の検査を行っています。

両眼視能検査、眼筋機能検査、斜視訓練、弱視訓練、精密屈折検査など

また脳血管障害や外傷後の複視に対しては、複視の解消を目的とした膜プリズムや遮蔽膜の処方を行っています。

両眼視・立体視検査

大型弱視鏡

プリズム・遮蔽膜

ロービジョンケア

様々な疾患で視力や視野などが障害され、視機能回復が困難となった患者さんに対して、残された視機能活用し快適な生活を送っていただくために、補助具(ルーペなど)の選定、指導を行っています。

単眼鏡

スタンプルーペ

ライト付ルーペ

ルーペ・単眼鏡・罫プレート

Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.