本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > ご利用案内  > 症状別ご利用ガイド  > 関節リウマチ

ご利用案内

関節リウマチ

概念

からだのあちこちの関節に炎症が起こり、関節が腫(は)れて痛む病気です。進行すると関節の変形や機能障害(使えなくなること)が起こります。
疫学
人口の0.4~0.5%、30歳以上の人口の1%にあたる人がこの病気にかかるといわれています。どの年齢の人にも起こりますが、30歳代から50歳代で発病する人が多く認められます。また男性より女性に多く認められます(約3倍)。 15歳以下で発病するものに若年性関節リウマチがありますが、これは成人の関節リウマチとは症状も検査所見も異なるものです。

病因

完全に病気の原因がわかっているわけではありませんが、患者さんの免疫系(細菌などから体を防御するシステム)に異常があることはよく知られています。このため遺伝子の何らかの異常か、感染した微生物(ウイルスや細菌)の影響か、あるいはこの両方の組み合わせによって起こるのではないかと考えられています。この免疫系が異常に活動する結果として、関節の毛細血管が増加し血管内から関節滑膜(かつまく)組織にリンパ球、マクロファージなどの白血球がでてきます。このリンパ球やマクロファージが産生するサイトカイン(TNFα、IL-6など)と呼ばれる物質の作用により関節内に炎症反応がひきおこされ、関節の内面を覆っている滑膜細胞の増殖が起こり、痛みや腫れを起こし、関節液が増加し、軟骨・骨の破壊が進んでいきます。

症状

関節リウマチで最も起こりやすい症状が、関節炎(痛みや腫れ)です。通常、この症状は複数の関節に生じます。たとえば手指の場合、指先から2番目(PIP関節)と付け根の部分(MCP関節)に腫れが生じることが多いとされています。
関節リウマチでは、ひざ(膝関節)やひじ、手首の関節や足の指など、あちこちの関節に症状が起きることが少なくありません。
症状は対称性にみられることが多いといわれています。
関節炎がつづくと、関節の中にある滑膜という組織が腫れ、やがて増えた滑膜が軟骨・骨を破壊します。
膝関節や股関節の関節炎の症状が進むと、歩行が困難になる場合もあります。

関節リウマチ新診断基準(ACR/EULAR2010)

腫脹又は圧痛関節数(0 –5点)
1個の中~大関節**0
2 –10個の中~大関節**1
1 –3個の小関節*2
4 –10個の小関節*3
11 関節以上(少なくとも1つは小関節*)5
血清学的検査(0 –3点)
RF も抗CCP抗体も陰性0
RFか抗CCP抗体のいずれかが低値(3倍以内)の陽性2
RFか抗CCP抗体のいずれかが高値(3倍超え)の陽性3
滑膜炎の期間(0 –1点)
6週間未満0
6週間以上1
急性期反応(0 -1点)
CRP もESR も正常値0
CRP かESRが異常値1

スコアー6点以上ならばRAと分類される。
*小関節:右図の薄い○
**大関節:右図の太い○
***:DIP、1stCMC、1st MTP(下図参照)は除外

治療

関節リウマチの治療は、薬物療法、リハビリテーション、手術治療を組み合わせて行ないます。

薬物療法

かつて薬物療法は関節炎による痛みをやわらげるためのものが中心でしたが、現在では痛みをやわらげるだけでなく、関節破壊の進行を予防し、患者さんができるだけ健康な人に近い状態で日常生活を送れるようにするための治療法が中心になっています。多くの場合、発病初期の段階から抗リウマチ薬による寛解導入療法を行ないます。抗リウマチ薬は免疫の異常に対して働く薬剤で、最近では、より強力なサイトカイン阻害薬という種類の薬も使用されるようになっています。そのほか、痛みをやわらげることを目的に、症状に応じて、非ステロイド系消炎鎮痛剤やステロイドが使用されます。

手術療法

関節の破壊が進んだ場合、機能を回復させるために手術療法が行われます。ひざや股関節など体重がかかる関節では、人工関節置換手術(千葉リハ人工関節センター)などが行われることがあります。

『千葉リハ人工関節センター』の詳細はこちらから

理学療法(リハビリテーション)

関節リウマチのために思うように関節を動かせない状態が続くと、関節のまわりの筋肉や、腱などの機能が衰えてきて、薬物療法が上手くいっても関節が十分に動かせない症状が残ることがあります。
このような問題を克服するためにリハビリテーションが行われます。
また、自宅でできる「リウマチ体操」という方法も考案されています。
当センターではリウマチリハビリ入院で指導しております。
かといって無理に身体を動かすとかえって病状を悪化させることにもなりかねませんので、詳しくは医師や理学療法士、作業療法士などの医療スタッフに相談してください。

Copyright© 社会福祉法人 千葉県身体障害者福祉事業団 All Rights Reserved.