グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部局紹介 > リハビリテーション療法部 > 小児言語聴覚科(小児ST)

小児言語聴覚科(小児ST)


5名のスタッフがいます。
お子さまの言葉やコミュニケーション、聴こえ、食べるなどのリハビリテーションを担当します。ご家族の困り感に寄り添い、アドバイスも行います。

言葉やコミュニケーションのリハビリ

お子さまの言語発達やコミュニケーション、発音に関する検査を行います。
その結果をもとに、必要に応じて期間限定で個別のリハビリテーションを行います。
また、読み書きの難しさ、どもり(吃音)に関する相談にも応じています。

外部機関との連携として、検査結果やリハビリ内容をもとに、幼稚園や保育園宛てのお手紙を作成します。学校に通われているお子さまには、個別指導計画に盛り込んでいただけるような指導プログラムの提案を行っています。

聴力検査

聴こえの検査を行います。
また、補聴器の選定や試用をお手伝いします。

摂食嚥下のリハビリ

摂食嚥下(食べること、飲み込むこと)の評価を行い、より良い食べ方や飲み込み方を練習したり、適した食形態を提案します。

高次脳機能障害のリハビリ

文字・記号などを用いた注意障害へのリハビリを行います。記憶障害のお子様には、学習方法の工夫を提案したり、連絡帳など記憶を補う手段が活用できるように支援します。小児失語へのリハビリも行います。

グループ訓練では、学校や生活場面での困り感が減るように、疲れやすさ(神経疲労)・うっかりミス(注意障害)・予定や持ち物の把握(記憶障害)等、ソーシャルスキルトレーニングを行います。